淋病(淋菌感染症)はジスロマックで治療できる

淋病(淋菌感染症)は病院で治療を受けることができます。
病院に行けない場合は通販で薬を購入するという方法もありますが、感染した淋菌に対してどの薬が有効なのかは使ってみないと判別できないと言われています。

ジスロマックは淋病の治療で主に使用されているマクロライド系の抗生物質です。
ジスロマックは淋菌に効果があるだけでなく、クラミジアに対しても高い効果を発揮することが特徴です。
クラミジアは淋病と併発しやすいため、2つの病気に効果的な薬はかなり便利と言えるでしょう。
経口で摂取する抗生物質の中では淋菌に対して最も効果が高いとされています。

風邪薬としてよく使われているクラビットも淋菌に対して多少の効果があると考えられています。
有効性はあまり高くなりませんが、すぐに病院に行けない時やクラビットが家にある時は試してみると良いでしょう。

淋病は症状が治まってもすぐに治ったとは言い切れません。
見た目の症状が治っても体の奥には淋菌が潜んでおり、増殖のチャンスを待っているかもしれないということです。
そのため病院で薬が処方されたら最後までしっかり飲み切るようにしましょう。

中途半端に薬を飲んで殺菌しきれなかった淋菌が体内に残っている場合、淋菌がその抗生物質に対する耐性を持ってしまうことがあります。
淋菌には耐性菌が生まれやすいという特徴があるため、治療の際には注意が必要です。
以前使っていた薬が使えなくなると治療薬が限定されてしまいますし、完治が困難になってしまうでしょう。

淋病をしっかり治したいという場合、治療期間中は性行為を控えることが大切です。
治療期間中では体内にはまだ淋菌が残っている可能性がありますし、コンドームを付けても感染を100%防げるわけではありません。
恋人やパートナーに淋菌を感染させてしまうと、再び自身に感染してしまうことがあります。
いつまで経っても淋病が治らなくなってしまうため、恋人やパートナーと一緒に治療をすることがポイントです。

荒れた性行為に注意!本当に恐ろしい淋菌

淋病はクラミジアや梅毒などと同じように性病の一つであり、正式には淋菌感染症という名前の病気です。
淋病の感染者は男性に多いことが特徴です。
しかし、女性には感染しにくいというわけではありませんし、早期発見と早期治療が重要です。

淋病は淋菌が引き起こす病気ですが、淋菌は粘膜や精液、膣分泌液などに潜んでいます。
そのため主に性行為によって感染するということです。
感染者と1回性行為した場合、淋菌の感染率は約30%と言われているので注意しましょう。

ちなみに、淋菌は性器だけでなく喉の粘膜にも感染するため、オーラルセックスによって感染することもあります。
現在では性行為の際にオーラルセックスを行うことが当たり前になってきており、性器と喉の両方に淋菌に感染しているという人もいます。

淋病を予防するなら性行為の時にコンドームを使うことが有効です。
淋菌は主に精液や膣分泌液に存在するため、感染予防としてコンドームを常に用意しておきましょう。
性行為の相手がたくさんいると淋病の感染リスクは高くなります。
そのため不特定多数との性行為は避けた方が無難です。

女性の場合、淋菌は子宮頸管とい子宮の入り口部分に感染します。
しかし、女性は初期のうちは症状が出にくいため、感染に気付かないことがあります。
末期になると不妊症の原因になることもありますし、他の人に感染させてしまうこともあるため、早期治療が重要です。

男性は淋菌が尿道に感染します。
感染して2~7日間経過すると尿道炎を発症して、排尿痛や膿などの症状が出てきます。
末期になると淋菌は尿道からさらに奥へと進入して、精巣の横にある器官に炎症を起こします。
患部が腫れたり、激しい痛みを感じるようになるため、早期治療が大切であると言えるでしょう。