性器ヘルペスとはなにか

心配している男性

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(HSV)を原因とする性感染症です。
ヘルペスウイルスには1型と2型があり、HSV-1型と言って口や角膜などの上半身に発症します。
口にできるものを口唇ヘルペスと言います。
HSV-2型と言って、性器などの下半身に感染します。
HSV-1型が性器に感染することはありません。
そのため性感染症で疑われるのはHSV-2型です。

ヘルペスウイルスは、一度感染すると体の中に潜伏します。
症状がなくなっても体内に潜んでいてストレスや風邪などによって免疫力が低下すると発症します。
口唇ヘルペスは特に風邪の時に見られる症状で、発症している時には体を休める必要があると言われています。

HSV-2型も同様にストレスが強くなると発症する恐れが高くなります。
一度性感染した場合、症状がなくなっても骨盤あたりに潜伏しています。
何らかの原因で免疫力が低下すると再発します。
完全に治療することができないので、何度も再発することがあります。

特徴としては、赤く腫れて水泡ができます。
男性の場合は陰茎の周り、肛門、足の付け根などに現れます。
女性の場合は、太もも、外陰、腟の入り口、おしりなどに見られます。
症状が進行すると膣内部や膀胱までに広がることもあります。
水泡が破れるとただれて痛みを伴います。

治療するためには清潔にして外用薬を塗布することとウイルスの増殖を抑える薬を服用します。
それでも完全に死滅させうることはできませんが、免疫力が高まることで増殖を抑えることが可能です。
しばらくして症状が治れば、停滞期に入ります。
免疫機能が正常に働いている状態では発症しませんが、一度バランスが崩れると増殖を抑えることができません。
少しでも気になるようなら早めに医療機関を受診して治療を行います。
完治することはなく、何度も再発することが特徴の性感染症なので精神的なストレスが高いと言えます。
発症中は無理しない方がいいでしょう。

ヘルペスの原因を解明する

ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスへの感染です。
性器に感染するHSV-2型の場合、ほとんどの経路は性行為です。
感染後2日から10日で発症します。
ただし、初めての感染時には症状がほとんどなく、気がつかない可能性があります。

ヘルペスウイルスは症状が治まってからも体内に潜伏しています。
潜伏中は特に症状がなく、何も起こりません。
だたし一度免疫力が低下するようなことがあると、増殖を始め発症に至ります。
この時には性行為は関係ないため、何が原因で発症したのかわからないはずです。
実際には数年前の性行為で感染したものが関係していることがほとんどです。

免疫力の低下は、ストレスが溜まっていることや風邪やその他の病気によって起こることがあるため、基本的には体調不良を原因とした再発と言うことになります。
そのほかにも他の性感染症によって引き起こされる場合もあり重症化する恐れもあります。

また、稀に感染した人が使ったタオルやお風呂にイスなどについているヘルペスウイルスによって二次感染することもあります。
もし、家族に感染した経験のある人がいる場合にはタオルの共用は避けた方が良いでしょう。
特に女性の場合は性器の奥で発症していることもあり、気がつかない間にヘルペスウイルスを広めている恐れもあります。
違和感を感じたら早めに医療機関を受診しましょう。

ヘルペスは、完治することができないため感染しないように注意する必要があります。
感染した人との直接接触を避けることが一番の予防になります。
特に免疫力が低下している時は注意が必要です。
感染している人との性行為をするときにはコンドームをつけたり、薬を服用して感染を抑えることが必要です。